玉縄地域の移り変わりを紹介します

「写真」をクリックし、拡大してご覧ください。

「清泉女学院下」

カマクラハム富岡商会
1967年(昭和42 )
「清泉女学院下」 
(鎌倉市中央図書館所蔵)
 
カマクラハム富岡商会工場跡
2019年 (令和元年)12月 
現在の「 清泉女学院下
 ( 「玉縄トンネル打越側出口から撮影」・風景)

「植木諏訪神社前」

 
大船駅周辺
1966年(昭和41年)
「植木諏訪神社前」 
(鎌倉市中央図書館所蔵) 
 
大船駅と周辺
2019年(令和元年)12月
現在の「 植木諏訪神社前」風景
 
 

「大船駅へ向かう新道」

カマクラハム富岡商会
1967年(昭和42 )
「大船観音付近」 
(鎌倉市中央図書館所蔵)
 
カマクラハム富岡商会工場跡
2019年 (令和元年)9月 
現在の「大船駅へ向かう新道」
 (「大船観音付近」・風景)

「岡本土地区画整理事務所」

 
大船駅周辺
1959年(昭和34年)
「岡本土地区画整理事務所」 
(鎌倉市中央図書館所蔵) 
 
大船駅と周辺
2019年(令和元年)12月
現在の「 岡本土地区画整理事務所」跡・風景
 
 

「フラワーセンター」

カマクラハム富岡商会
1973年(昭和48 )
「大船フラワーセンター」 
(鎌倉市中央図書館所蔵)
 
カマクラハム富岡商会工場跡
2019年 (平成31年)2月 
現在の「神奈川県立大船フラワーセンター」風景
 (愛称:「日比谷花壇大船フラワーセンター」)

「玉縄トンネル」

 
大船駅周辺
1959年(昭和34年)
「関谷方面・トンネル前」 
(鎌倉市中央図書館所蔵) 
 
大船駅と周辺
2019年(平成31年)2月
現在の「玉縄トンネル(打越・関谷側口)」・風景
 
 

「鎌倉ハム工場」

カマクラハム富岡商会
1959年(昭和34 )
「カマクラハム富岡商会工場」 
(鎌倉市中央図書館所蔵)
 
カマクラハム富岡商会工場跡
2019年 (平成31年)3月 
現在の「カマクラハム工場」跡・風景
 

「大船駅周辺俯瞰」

 
大船駅周辺
1963年(昭和38年)
「大船駅と町全景」 
(鎌倉市中央図書館所蔵) 
 
大船駅と周辺
2019年(平成31年)3月
現在の「大船駅と周辺」・風景
 
 

「大船駅東口」

1968年(昭和43 )
「観音様が見える大船駅東口」 
(鎌倉市中央図書館所蔵)
 
2019年 (平成31年)2月 
現在の大船駅東口・風景
 

「龍寶寺トンネル」

 
1966年(昭和41年)
「龍寶寺トンネル」 
(鎌倉市中央図書館所蔵) 
 
2019年(平成31年)2月
現在の「龍寶寺トンネル」(岡本側)・風景
 
 

「大船駅西口」

1967年(昭和42 )
「レトロな大船駅西口」 
(鎌倉市中央図書館所蔵)
 
2019年 (平成31年)2月 
現在の大船駅西口・風景
 

「栄光坂」

 
1966年(昭和41年)
「工事中の栄光坂」 
 
 
2018年(平成30年)
現在の栄光坂・風景
 

「七曲坂」

1967年(昭和42年)
「玉縄城趾七曲がり付近」
(鎌倉市中央図書館所蔵)
 
2019年(平成31年)2月
現在の七曲坂・風景 

「大船観音」

昭和29年(1954)工事中断中の姿
  
 
平成13年(2001) 完成後のお姿

西口駅前「大和橋」

 
昭和30年(1955)
親子孫三代御夫婦による渡り初め
 
平成30年(2018)現在の姿

「陣屋坂」

昭和29年(1954)砂利道ののどかな風景
 
 
平成25年(2013)現在の風景